参加者一覧(五十音順)


岩岡 ひとみ(いわおか ひとみ)
NPOふくりび(特定非営利活動法人全国福祉理美容師養成協会) 事務局⾧

1978 年生まれ、17 歳で妊娠・結婚出産のため、進学校中退。2004 年から福祉理美容活動に参画、ヘルパー2 級取得、美容師国家資格取得。同協会設立時に事務局⾧就任。2012 年内閣府女性のチャレンジ賞受賞。第27 回人間力大賞厚生労働大臣奨励賞受賞、APT-WOMEN 第1 期生、2019 年HUBLOT LOVES WOMEN ファイナリスト、2012 年より愛知学院大学経営学部非常勤講師、Forbes Japan オフィシャルコラムニスト。


笠井 誉子(かさい たかこ)
NPO 法人徳島の働く女性を元気にする会
理事⾧

1966 年徳島県生まれ。U ターンで地元に戻り、結婚し専業主婦になる。第一子の就学を機に社会復帰し、営業職としてキャリアを再スタート。7 年前に独立起業し、社会活動に積極的に参加し、女性のキャリア支援を行うNPO を創設。シングル&ワーキングマザーとして働き続けた経験から、女性の経済的精神的自立支援の活動を行っている。



加藤 美奈子(かとう みなこ)
春日井環境アレルギー対策センター(整体院加藤内)
代表

私は、予防医学業界に18 年携わっています。看護師のあと、整体師として18 年間10,000 人の体に触れ未病のかたのケアをしてき ました。また、環境アレルギーアドバイザーとして事業展開をしています。室内空気質測定、環境アレルギー講座、物販です。私は環境由来で起こるアレルギーなどの健康被害を減らしたいです。


杉浦 加菜子(すぎうら かなこ)
じょさんしカフェonline
代表

初めての子育てを知り合いが誰もいない、海外で経験。自身の経験から、「世界中どこにいても、いつでもどこでも助産師をはじめとした自国の専門家につながれ、自分らしく生きていくことができる環境を作る」をミッションにオンラインでの妊娠、出産、子育てに関する相談事業を始める。


鈴木 美苗(すずき みなえ)
Let’s合同会社、遊び場 学び場 てらす、とよたこども大学
代表社員

中学時不登校を経験。教育学を学び、当事者、支援者(公立全寮制フリースクール職員)、教員(中学・看護学校・大学)、親、それぞれの視座に立ったことにより、子どもにも大人にも多様な学び、出会い、体験の場が必要と「遊び場学び場てらす」「とよた子ども大学」を立ち上げ活動しています。


玉谷 幸代(たまや さちよ)
武蔵精密工業株式会社 MUSASHi Innovation Lab CLUE
コミュニティマネージャー

ゴム・樹脂系の材料技術職を経て、2017 年4 月に武蔵精密工業(株)の研究開発部へ転職。その後社内新規事業創出プロジェクトへ参加し、1 年半ほど子育て関連の社内新規事業チームのメンバーとして活動。そのときの経験を生かすべく、2018 年12 月からMUSASHi Innovation Lab CLUE の専任スタッフとしてオフィスの維持管理から各種イベントの企画運営を担当。


⾧尾 晴香(ながお はるか)
Viva おかざき!!
代表

在住外国人の抱える問題に気付き、アルゼンチン人と日本人と一緒に地域の多文化共生を進めるために2010 年に「Viva おかざき!!」を設立。セミナーや日本語教室(大人、子ども)を行い、外国人が必要な情報やことばを学ぶ機会を提供。また、地域行事への参加など相互理解の場づくりや、日本人と外国人をつなぐ人材育成を行っている。


林 日奈(はやし ひな)
NPO 法人社会復帰支援アウトリーチ
代表理事

大人のひきこもりの社会復帰に独自の手法で取り組み、3 年間で70 人を超える人が社会復帰した。不登校とうつをそれぞれ経験する2 人の息子の母。2018 年TEDxAnjo2018「ひきこもりの概念を変える」スピーカー、輝く女性 ソーシャルビジネスプランコンテストあいち2018 愛知県知事賞受賞。


松葉 由紀子(まつば ゆきこ)
EY 新日本有限責任監査法人

愛知県出身。大学卒業後、ベンチャー企業、事業会社などを経て、大手監査法人へ入社。事業開発担当。女性経営者ネットワーク担当として、東海地区の女性起業家へのメンタリングやサポート等を行っている。また、永らく、ヨーガインストラクターとしても活動中。モットーは「毎日、笑顔で生きいきと!自分らしく!」

参加者一覧(五十音順)


伊藤 佐和(いとう さわ)
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
JAPAN COMMUNITY IMPACT マネジャー

会社の社会貢献部門有志リーダーを経て、2014 年7 月に同部門の専任社員として、日本法人グループの社会貢献活動を統括。自身の経験から、活動の中で多くを学び成長することを実感。“できる人 が、できる時に、できる事を”をモットーに思いを同じくする有志社員とともに、自分の時間やスキルを活用し、社会貢献が当たり前となる文化醸成を目指す。


江刺 由紀子(えさし ゆきこ)
特定非営利活動法人おはなしころりん
理事長

岩手県大船渡市生まれ。デリー大学仏教学修士。アジア等でボランティア活動等に携わり2003 年帰国。任意団体読書ボランティアおはなしころりん設立。読書活動の推進のほか、東日本大震災以降は本を通じた地域コミュニティ再生支援を展開。2016 年NPO 法人化。2018 年市防災観光交流センターの運営を受託。絵本専門士。


鈴木 おり絵(すずき おりえ)
アロマテラピーハウスnadenade
代表

結婚を機に石巻へ。アロマセラピスト・講師として女性、出産子育て経験を経てママと子のアロマをテーマに活動し20年になります。東日本大震災ではボランティアで仮設住宅を巡りました。「ほっとした」「いやされる」という声を頂き、安らぎの大切さを実感。地域の元気につなげたく、人材育成にも取り組んでいます。


浜出 理加(はまで りか)
株式会社グリーディー
代表取締役

社員の9 割が女性の会社員時代、延べ200 名もの女性のマネジメントを経験。自身も東京‐仙台の2 重生活から、地方における女性の働き方の課題を実感。現在は「香りと女性の感性で世界をHAPPY に」をコンセプトで事業を展開。アロマデザイン、香りを使った企業ブランディングを手掛ける傍ら、女性のエンパワメント推進を目的に、「ハッピーウーマンフェスタ宮城」を主催。


村島 弘子(むらしま ひろこ)
特定非営利活動法人 移動支援Rera
代表

北海道札幌市出身。東日本大震災の個人ボランティアとして2011年4 月に宮城県石巻市に入り、災害によって移動手段を失った住民のための送迎を行う「移動支援ボランティア・レラ」の活動を手伝う。災害の枠を越えた地域の移動の課題に持続的に取り組むために、2013 年にNPO 法人移動支援Rera を設立。代表に就任し、現在に至る。


門間 尚子(もんま しょうこ)
せんだいこども食堂
共同代表

仕事の傍ら2000 年より複数のNPO/NGO にて、こどもと女性に寄り添う活動に取り組んでいる。現在最も力を入れていることは、こども食堂・性暴力被害者支援・女子少年院出院者支援。2016 年に仲間とともに「せんだいこども食堂」を立ち上げ「おなかもこころもいっぱいに」を合言葉に、仙台・宮城で活動中。


八木 純子(やぎ じゅんこ)
一般社団法人 コミュニティスペースうみねこ
代表理事

20 年保育士として働いた後自分らしい仕事をしたいと思い退職。子供たちの居場所つくりから学習塾を主宰する。震災後避難所での子守り支援からスタートし居場所つくりなどを始めた。現在は唐辛子、イチジクの栽培を主に雇用の場としている。また、人とひとのつながりつくりや地域つくりにも積極的に関わっている。